So-net無料ブログ作成
検索選択

10年前の知識と最近のトレンドから最終的なエンコード設定を考える [エンコード]

3DWPro使って再キャプチャも順調に進み残りは半分。
この辺りでエンコードする時の設定を考えてみることにしました。
私の動画知識は10年前でほぼ止まってます。
アナログからデジタルに変わることが話題になった時代でした。
10年前とは今ではトレンドが変わり技術も進歩してます。
いいものがあれば取り入れて10年分のブランクを埋めたいと思います。

【動画フォーマット


動画編集をやりはじめた当初はTMPGEncでmpegで圧縮することが多かったです。
DivX、WMVの登場によりavi形式で圧縮するようになり、画質も良くて圧縮率も高かったです。
当時、動画サイトを作っててりそこで知り合った人達とエンコードの設定等の情報交換してましたが、
ほとんどDivX、WMVを使ってました。
最近はH.264が主流でしょうか。
ビットレート当たりの画質が非常に優れているようですね。

【音声フォーマット】


10年前は確かLameACMでmp3出力でやってました。
今でも主流のようですが、AACというmp3よりファイルサイズが小さくなる
コーデックがあるので音声フォーマットはAACを選択しようかと。
mp4動画をエンコードする時にに、H.264とセットで使われることが多いみたいですし。






【サイズ】


アナログ時代のビデオテープがソースなので640×480で確定。
320×240にすればファイルサイズもかなり小さくなるのですが、大きいサイズで見たい
時もあるかなと・・・

フレームレート】


古いアニメなので24fpsというのは安易な考えですかね。
インタレース解除とかを考えるとここが一番悩ましいとこになりそうなので、
今後一番検討しなければならない設定になりそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。