So-net無料ブログ作成
検索選択

録画失敗 HV-BX500の仕様が原因 [キャプチャ環境]

めぞん一刻の27話~31話を録画したビデオテープをキャプチャを時に31話が
録画されていないという現象が発生。
録画したファイルの容量を見たときに予定より少ない5Gだったのでおかしいなと思っていたのですが・・・
内容を確認してみると、27話~30話は録画されて最後の31話だけ録画されいませんでした。

再度キャプチャすると30話終了時にテープの再生が停止しました。
停止すると入力信号がなくなるり録画を強制停止する、というのがキャプチャソフト側の仕様。
これでキャプチャソフトに問題ないの判明。






次にテープの再生が停止する理由について調査したところ、
27話~30話と31話はが別のビデオでテープからダビングしてるため
30話と31話の間に録画されていない部分が数秒間存在しました。
この部分を感知すると自動的に停止して巻き戻しが始まるのを確認しました。

この機能をOFFにする方法がないか調べるものの説明書が手元にないしネットにも
情報はなし・・・
仕方なくそれらしい設定がないか調一つ一つ設定を確認するとそれらしき設定を確認。

メニューボタン→いろいろな設定メニュ→レンタル再生

この設定「入」から「切」に変更することにより停止せずに31話が再生されました。
レンタルしたビデオは巻き戻して返すのがマナーなので見終わったときに自動的に巻き戻す
という新設機能なんでしょうね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。